残便感を改善する対策を知る|お通じすっきりマル秘情報局

サプリ

ストレスを溜めない

女の人

排便するさいに、すっきりしない状態を残便感といいます。残便感といってもいくつかの種類があり、ひとつが実際に便が残っているもの、もうひとつが便が残っていないにも関わらず残っているように感じるものです。実際に便が残っている理由としては、腸に便が滞留しているものでポリープなどによって便が通過しないものや、腸の機能が低下して肛門まで動かす力がないもの、また直腸周辺に何らかの障害があるといったものがあります。一方で便が残っていないケースでは、直腸内に障害があって便があるように感じるというものです。いずれにしても病気を除けば残便感を解消する方法としては腸内フローラの改善や腸機能を改善させることが重要になってきます。

残便感を改善するためには、腸機能を良くすることが重要になってきますが、便によってその原因が分かります。例えば便が硬い場合には必要以上に便の水分を腸が吸収している状態であり、これによって便が腸内に滞留しやすくなり残便感が残ります。また便そのものがなかなか出ない便秘は腸の機能が低下して便が直腸まで移動しないといったケースがあります。これらの場合には、水分をよく取ったり食物繊維を摂取したり、発酵食品などで腸内フローラを改善することで改善できますし、便秘薬を用いる方法もあります。また運動によって代謝を良くすることでも改善が可能です。また精神的にも残便感を感じることもあり、ストレスを溜めないようにすることでも解消することが可能です。