残便感を改善する対策を知る|お通じすっきりマル秘情報局

サプリ

残っている感じがするなら

案内

原因と病気

残便感が解消されない場合は便秘状態ということになりますが、このように排便がありつつも残便感があるという場合は、実際に肛門付近に便が残っているケースでは過敏性腸症候群や痔、ポリープや癌などの病気が疑われることもあります。またこういった病気以外でも、腹筋力の低下や姿勢の悪さなどによっても残便感を覚えることもあります。そして肛門付近に便が残っていないケースでは、直腸内部に炎症が起きていたり、感覚過敏や神経障害などによる誤認であることもあります。これらの原因の中でも比較的メジャーなのは過敏性腸症候群が原因というケースで、過敏性腸症候群の詳しい原因はまだ判明していませんが、過度のストレスが関係していると言われています。

解消のために

残便感は病気はもちろんですが、その病気の原因として乱れた生活習慣が要因になることもあるため、まずは生活習慣の改善が効果的とされています。基本的には食事と運動と睡眠で、食事は腸内環境を整えることを目的とし、善玉菌を増やすようにヨーグルトなどの発酵食品を積極的に摂取し、それにプラスして水溶性食物繊維の野菜類などを摂取するのも良いでしょう。そしてバランスよく規則正しい食事が前提で、水分も2リットルぐらいを目安にとりましょう。睡眠は自律神経の働きに関わるため、夜更かしせずにこちらも規則正しく就寝し、適度な運動によって腸の周辺の筋肉を鍛えることも効果的です。あとはサプリメントやお茶などのサポート食品を利用する方法もあり、これは手軽かつ簡単に利用できるために人気もあります。