残便感を改善する対策を知る|お通じすっきりマル秘情報局

サプリ

スッキリしないときは

ウエスト

排便をしても、便が全部出し切っていないように感じてしまうことを残便感と言います。この状態が頻繁にあるのなら、病気を疑ってみることも大事です。本当に便が出し切れていない状態ならば、肛門の異常や大腸がん、そして過敏性腸症候群が考えられます。これで便がどんどん溜まってしまうと悪循環にもなるので、残便感があるときは検査と排便を促す努力が必要です。便を促すには規則正しい生活習慣も大事ですが、腸の働きをよくする乳酸菌も大きな役目をしていきます。乳酸菌は乳製品だけでなくサプリでも取ることができるので、これを服用することで残便感がなくなることも期待できます。便を全部出してスッキリさせることは、とても大切なことです。無理せず努力していくことで、この残便感をなくしていくようにしましょう。

残便感を感じる状態には、便の形にもあらわれるようになります。いつも便が細かったり、血便が出る状態ならば、腸内に腫瘍ができていることが疑われます。この状態が続くのならば検査をすることがおすすめです。そして、便が小さくコロコロとした状態は便秘がひどくなってしまっている状態です。逆に下痢状のものはストレス性の疑いがあり、これも残便感を伴う原因になってしまいます。便秘による排便困難とストレス性は、いろいろな工夫で改善ができる症状です。その1つにサプリを服用することで楽に排便が促せることから、お腹にも優しく無理に排便を感じさせることもありません。こういった方法から始めていくことで次第に腸の働きも慣れてくるようになるので、腸の健康的な働きを取り戻せるきっかけにもなるのです。